実現するまでは、何を望んでいたのか、本人にすらわからなかった・・・

シンデレラのアファメーション講座

 

「実現するまでは、何を望んでいたのか、本人にすらわからなかった」とは、

まさにこのことでした。

というのは、今、

無料ツールとカウンセリングを組み合わせると、

数週間で、「セルフイメージで、愛もお金も手に入れるメソッド」

がわかるようになる・・・

にも関わらず、私の会社では、

やっていなかったのですから…。

しかし、これが大きな勘違いになりました。

次の話を聞いてください。

 

女性経営者向けに開催したセミナー

「マーケティング戦略」の参加者AさんとBさんのことです。

Aさんは、40代で、親の介護のために休日は消え、

2人の子供の学費が重なり、

この3年14時間労働、休日0だというのです。

年齢を聞いて驚きました。20歳も老けていた・・・

(その時、私は、Aさんはシングルマザーなのかと勝手に勘違いしていた・・)

昔、催眠療法士だった私は、彼女に、もともと彼女自身が持っていた人生の目的に気付いてほしいという、でしゃばった思いで、昔取った杵柄で、わずかな時間を割いて、潜在意識の修正ポイントを説明しました。

すると

数週間後に、Aさんから「主人とラブラブになった」と連絡が来ました・・・。

なんと、事業をご主人に譲り、専業主婦になったのです・・・。

私は驚きました。

Aさんは、地位を手放して、セミリタイアになってしまった・・・と。

その一方で、Bさんは、イケイケどんどんで、急成長する事業に体が追い付いていかないといううれしい悲鳴を上げていたのですが、病気になり、事業も閉鎖、すぐに離婚。

親の年金をあてにして暮らすようになってしまいました・・・。

この二人の違いは何かというと

Aさんは、お金より愛を求めていたということに気付き、

目いっぱい愛を手に入れていいと気づいたこと。

そしてBさんは、あれもこれもすべて手に入ると信じて努力していました。

愛とお金を手に入れる人と

愛もお金も手に入れない人との決定的な違いを見たのです。

 

「…女性は、愛もお金も欲しいし、そのうえ、楽したいから悩み深いですよ。

しかも、問題なのは、自分のことを正しく理解していないこと。特に母親のことを間違って認識してるのに、娘である自分を正しく認識できるわけないですよね、愛の意味が分かっていない女性が多いってつくづく感じますよ」

はい、さすが、男性カウンセラーは、よくご存知ですね。

私だって、知っていたんですよ。

10年も前から、

「親との関係を見直すたびに、豊かになる」と、

お伝えしてきたのですから。

親の愛に気付くとセルフイメージが上がることや

大事にしてくれる人と結婚できると・・・

当然、

知ってはいたのですが…、

告白します。

その話はしてこなかった。

なぜか?

それは、

起業家の女性向けにセミナーをするようになって、

主にお金を稼ぐノウハウ発信になっており、

心理カウンセリングを卒業していたからです。

 

それと

私が起業したのは30代でした。

家を建てる、子供の学費の捻出など、

人生において大きな出費が始まる年代です。

夢と希望をもって、働く時代です。

 

経済的な余裕があれば、

おおよその悩みから解放されると思い込んでいました。

当時の私が知らなかったことは、女性のライフスタイルの変化です。

●女性のライフスタイルは、20代、30代、40代、50代と全く異なっている!

●解決できない問題が山のように増えていく!。

●出費が雪だるまに増えていく!

40代後半から女性の悩みは

●親の病気、通院の付き添い、介護、

●自身の健康、なんだかだるい、やる気になれない、あっちこっち痛い

●夫の浮気、ご主人のリストラ、ご主人の借金、ギャンブル

●子供の不登校、子供の自殺や失踪。ゲーム三昧、良くない友達との付き合い、

●親や兄弟の借金問題、

●部下の使い込み、取引先の破たん、行政指導、

●嫌な噂を流される、困ったお客さんの長居、

●ライバル店の出店、価格競争

 

経済的な自立をすれば、おおよその悩みから解放されると思い込んでいた30代のまま、私は50代になっていました。そして周囲にいる経営者たちは、まさに「お金を儲けることは簡単なのに、目の前の家族の問題すら解決できない」人でいっぱいになっていました・・。

それと

私が起業したのは30代でした。

家を建てる、子供の学費の捻出など、人生の質の向上を願う世代です。経済的な余裕があれば、おおよその悩みから解放されると思い込んでいました。

当時の私が知らなかったことは、女性のライフスタイルの変化です。

女性のライフスタイルは、20代、30代、40代、50代と全く異なっており、40代後半から50代は、お金があろうとも解決できない問題が山のように増えていくのです。独身だろうと家族がいようと美人だろうが善人だろうが、全く関係なく、悩みの種は容赦なく増えるばかりなのです。

介護、自身の健康、夫の浮気、子供の不登校、子供の自殺や失踪。ご主人のリストラ。親や兄弟の借金問題、子供の学業不振。会社の業績、取引先の経営悪化・・。

理想の実現のためにいくらまじめに働いていても、これで安心だという実感が薄い・・。女性には様々な過酷な悩みが解決されないままでいることも多いのです。

経済的な自立をすれば、おおよその悩みから解放されると思い込んでいた30代のまま、私は50代になっていました。そして周囲にいる経営者たちは、まさに「お金を儲けることは簡単なのに、目の前の家族の問題すら解決できない」人でいっぱいになっていました・・。

 

  • プロのプライドも、自信もズタズタに

 

あるとき

売り上げを上げるためのセミナー

親との関係を見直すセミナーの

どちらが反応いいかと

起業家仲間の反応を見ることにしたのです。

 

その結果をみたとき、飛びあがるほどショックでした。

 

 

な、なんと

親との関係を見直すセミナーの満足度のほうが高かったのです・・・。

 

 

 

  • 実は、成功している女性経営者の悩みを見抜けなかった。

 

お金儲けが上手な経営者ですら、

家庭の幸福となると途端にそわそわする・・・

思ったほど、家族を幸福にしていないという罪悪感のような・・

子供を置き去りにして働いているイメージが・・・

連日連夜の歯を食いしばって働いて積み重ねた日々が今・・・

 

 

 

 

 

PAGE TOP